爪水虫を完治させるために必要な事

 

爪水虫は、自然治癒することはなく放置すれば放置するほど悪化するため、完治させるためには早めの治療が必要になります。
爪水虫の治療法は、基本的に飲み薬と塗り薬の2種類です。一般的な治療法である飲み薬での治療方法では、抗真菌薬を1日1錠ずつ飲み根気よく治療することになります。最近では、パルス療法と呼ばれる1週間集中して服薬後、3週間服薬を止めるサイクルを数回繰り返す治療法があります。個人差と指による差はありますが、手の爪であれば3ヶ月、足の爪は12ヶ月で生え変わるため、その期間が目安になります。稀に肝機能に障害を起こす副作用があるため、専門医と相談した上で処方してもらうことになります。
塗り薬は、爪と爪の間に抗真菌薬を塗布して減菌する治療方法です。外用薬によって爪が崩れにくくなるため、わずかですが拡散を防ぐことが可能です。朝と晩に塗布するタイプが一般的です。
爪水虫は、水虫から感染が広がるケースが多いため、水虫の段階であれば、外用薬のみでの対処が可能です。そのため、水虫の段階で対処することです。糖尿病などの持病がある場合には、合併症のリスクもあります。悪化すると日常生活に支障をきたすこともあり、周りに感染させないためにも早めの対処が必要です。

 

 

 

私が毎年行っている日焼け対策はコレ

 

今年の夏も相変わらず暑かったですね。
刺すような日差しが痛く感じられることすらありました。
この季節になると、毎年不安になるのが紫外線です。
やっぱり女性は、紫外線の影響でできるシミやシワが気になってしまうもの。
そんなわけで日焼け対策には力を入れていました。
どんな対策をしたのかというと、まずは日焼け止めです。
これが無くては生きていけないというくらい必須アイテム。
それから日傘も常に常備していました。
折りたたみの可愛い日傘があるので、それを毎日持ち歩いていましたね。
さらに忘れてはいけないのが目の保護です。
目から紫外線が入っても、メラニンが増えて肌の老化が早まってしまうのだそう。
なのでUVカットできるメガネをかけて外出していました。
夏でも日焼け対策にマスクを着けている人を見かけますが、あれってあまり意味がないみたいですよ。
白色は紫外線を通すので、マスクをするなら黒にしないといけません。
でも夏のマスクは暑すぎるので…日焼け止めやメイクで紫外線カットした方が良いですね。

 

 

肌が白く日焼けで赤くなる人は要注意

 

日焼けに気を付けなければならないのは、色白の人です。
実は色黒の人は、紫外線予防をしなくてもあまりシミはできません。
つまり同じ量の紫外線を浴びたとしても、シミのリスクは人によってまったく異なるということです。
色黒の人というのは、通常日焼けしても肌が赤くなることはありません。
焼けるとそのまま肌が黒くなるので、あまりダメージは受けていないのです。
しかし色白の人が陽に当たりすぎると、赤くなってしまうことがあります。
この赤くなってしまう症状は、簡単に言えばヤケドと同じようなメカニズム。
肌は黒くなることで紫外線によるダメージから皮膚を守っているのです。
しかし赤くなってしまう場合は、肌をきちんと守ることができていないということ。
ですので色白の人はしっかりと紫外線対策を行わなくてはいけません。
肌が白いとシミが一つできるだけでも目立ってしまいますよね。
ただ色白は美肌の条件ですし、シミのない肌を保てれば若くキレイな肌でいられます。

 

 

 

どうしたら便秘は解消できるのか?

 

様々なタイプと原因がある便秘ですが、「機能性便秘」には共通して食事の量の少なさ、食物繊維不足、水分不足、排便欲求の我慢、ストレス、不規則な生活、腹筋の筋力低下など、毎日の食生活の改善により解消します。

 

運動・食事・ライフスタイル全てを改善しようとするには、さらなるストレスがかかったりもします。

 

まずは、毎日欠かせない食事から改善するのはどうでしょう?

 

食物繊維や乳酸菌を摂り、腸内環境をバランスよく保つことが便秘解消の近道です。 また、お腹や腰を冷やさず、常にお腹がほわっと温かく血流の良い状態を作ることで腸の働きも活発化しやすくなります。